便秘解消方法

青汁って、便秘解消に効果はあるでしょうか?

青汁は便秘解消にいいって聞くけど、本当?って気になりますよね。

 

青汁には、食物繊維がたっぷり含まれていることから、便秘解消に一定の効果があると言われています。

 

野菜が苦手な人でも、毎日コップ1杯の青汁を飲むだけで、豊富な食物繊維が摂れますから、ほどよい量と固さの便がしっかり出せる!というのがメリットになってくるでしょう。ヽ(´▽`)ノ

 

効果については、個人差はありますが、1〜2週間くらいで実感できる人が多いみたいですね。

 

いろんな便秘解消法を試してみたけど、今ひとつ効果がない・・・という人は、一度試してみてもいいかもしれませんよね。

 

ただし気を付けたいのは、どの青汁でも同じような効果が得られるわけではないことです。

 

原材料によって、食物繊維の含有量が大きく変わってくるからですね。(+_+)

 

便秘をしっかり解消するのに特におすすめのメーカーは、デトックス効果にすぐれているマイケアの「ふるさと青汁」です。

 

ふるさと青汁は、主原料に、国産明日葉が使われています。
この明日葉には、「カルコン」というポリフェノールが含まれているのですが、むくみの原因になる老廃物を体外に排出したり、体の巡りを促す作用があるので、女性に人気なのですね。

 

食物繊維の量も豊富なので、どっさりスッキリなお通じも実感しやすいと評判です。

 

ケールで作られた青汁は、苦くて飲みにくいのですが、明日葉の青汁は、クセがなく飲みやすいのが特徴。

 

しかも、明日葉には、食物繊維だけでなく、ビタミン、ミネラル類などの栄養素が豊富で、その栄養価はケールより高いのですね。

 

ふるさと青汁は“粉末タイプ”なので、よく振って溶かさないとダマになるのがデメリットですが、野菜キライの方、青汁が苦手な人にも愛用者がふえているらしいです。

 

青汁は、いつ飲むと効果が出やすいか?・・・と言ったものは特にありませんが、毎日継続して飲むことが大切かと思います。

 

ただし、すでに便秘でお腹が張っている人、出したいのに出せない状態の人は、青汁を飲まない方が無難です。

 

すでに古い便が固く詰まって栓がされている上に、青汁で食物繊維が詰み重なることで、お腹の張りがひどくなったり、腹痛が起きるなど、便秘を悪化させてしまうからです。

 

一度、便秘薬などを使ってスッキリ出してから、リセットするつもりで青汁を飲み始めて、きれいな腸を保っていく・・・という考え方で飲むのがよいかと思います。

 

 

≪スポンサードリンク≫