便秘解消 バナナ

便秘解消にバナナが効くの?いつ食べると効果的?

バナナは便秘をよくする食べ物だと言われていますが、本当でしょうか?

 

はい。その通りです。

 

バナナには、便通にいい栄養素がたっぷり含まれているからです。
オリゴ糖、食物繊維、カリウム、マグネシウム、難消化性デンプンなどですね。

 

特に、バナナに含まれるフラクトオリゴ糖には、整腸作用を促す働きがあるほか、ミネラルを吸収・促進する作用にも優れていますからね。
一緒に食べたもののミネラル分を効率よく利用できるので、便通にもいい影響をあたえるのでしょうね。

 

不溶性食物繊維・水溶性食物繊維もバランスよく含まれていますから、バナナを食べた日の翌日に、するん♪とした気持ちいいお通じを経験した人が多いのもうなずけますね。

 

 

バナナはいつ、どのようにして食べるのがいい?

 

朝でも夜でも、時間帯はいつでもいいと思います。
できれば1日1〜2本、ヨーグルトと一緒に食べるのがいいでしょう。
ヨーグルトに含まれる乳酸菌との相乗効果で、腸内環境を整える効果が高まりますからね。

 

特におすすめなのは、まだ熟していない青っぽいバナナです。
青いバナナに多く含まれる“難消化性デンプン”が、腸に届いた後、「酪酸」という物質に変わり、善玉菌のエサになって腸の動きが活性化されるので、お通じもよくなります。

 

残念ながら、バナナは熟すほど難消化性デンプンが少なくなってきますから、お通じを改善したい方は、味は落ちますが、熟す前のバナナを選ぶようにしましょう。

 

≪スポンサードリンク≫

 

 

バナナを食べると便秘になる?

はい。体の冷えが原因で腸が冷えやすいタイプの人に、その傾向が強いようですね。
バナナは、体を冷やす性質がありますからね。(+_+)

 

だたそうは言っても、バナナは食べ方次第で便秘改善に十分役立てられますよ!!
それは“ホットバナナ”です。(^_-)-☆

 

なぜホットバナナがいいのかというと・・・・
熱を加えたバナナの熱そのものが、腸を温めて動きをよくしてくれるからですね。
バナナに含まれるオリゴ糖、食物繊維、ミネラル類により、腸内環境もよくなってくるはずです。

 

≪ホットバナナの作り方は簡単!≫
・皮をむいたバナナまるごと電子レンジで30〜40秒加熱する
・または、食べやすいサイズに切ってフライパンでソテーする。
  ⇒表面にほんのり焼き色が付くくらいでOK

 

体を冷やさないための一工夫として、オリーブオイルをかけて食べるといいですよ。
オリーブオイルには、保温力をキープしやすくする特性があります。

 

そのほか、ココアパウダー、シナモン、きなこ、ジンジャーパウダーなどをかけて食べるのもおすすめです。
その日の気分でアレンジできれば、毎日おいしく続けられるのではないでしょうか。

 

※ホットバナナは、朝食べると効果的です。
 寝起きは体温が下がりやすい時間です。温バナナでエネルギーを補給&腸も動き出しますよ。(^_-)-☆

 

≪スポンサードリンク≫