便秘解消 コーヒー

コーヒーって、便秘解消に効果があるのでしょうか?

コーヒーは、お通じ解消に効果あると言われていますが、本当なのでしょうか?

 

はい。本当です。

 

コーヒーに含まれるカフェインが胃を刺激することで、腸のぜんどう運動を促して、排便へと導く効果があると言われています。

 

コーヒーを飲んだ日の朝は、なぜかお通じがいい♪と感じたことはありませんか?

 

人によって、1日に2〜3回と便が出るという人もいるようです。

 

とはいえ、コーヒーが体が慣れてしまうことで、お通じ効果が薄まってしまう方もいるようなので、2〜3日に1回くらいのペースで飲むとよいかもしれませんね。

 

私の場合、毎日インスタントコーヒーを2〜3杯飲んでいますが、たまにコーヒーのブランドを変えたり、ドリップにしたり、冷たい缶コーヒーを飲んでみたりなど飲み方を変えると、腸の動き方も変わってくることが、実感できています。

 

おすすめは、体を軽く動かしながら、水分補給としてコーヒーを飲むこと・・ですね。
けっこういい具体に、ドッサリ出ますよ〜♪ヽ(´▽`)ノ

 

≪スポンサードリンク≫

 

コーヒーによるストレス解消効果

 

まず、コーヒーを飲む時間がリラックスにつながりますよね。
淹れたてのコーヒーは、香りがとってもいいですからね。(*^^)v

 

たとえば、仕事中にちょっと席を離れて、静かな場所でコーヒーを淹れる行動そのものが、気分転換につながると思います。

 

また、コーヒーの香りは、α(アルファ)波が出ることも研究でわかっています。
α波は、リラックス時に出現する脳波ですね。

 

このアルファ派が出やすいコーヒー豆として、グアテマラとブルーマウンテンがあげられます。

 

日頃から強いストレスにさらされている方、自律神経バランスが悪いと感じている方は、これらのコーヒー豆を選んで飲むことで、癒し効果アップが狙えるでしょう♪

 

 

コーヒーは、利尿作用がありますが・・・

 

はい。確かにコーヒーには、利尿作用がありますよね。

 

水分補給には適していないのでは?と思われがちですが・・・
実はコーヒーの利尿作用って、それほど強くはないのですね。

 

実際、トイレの回数は増えると思いますが、それほど気にしなくて大丈夫なレベルかと思います。

 

 

インスタントコーヒーとドリップコーヒー、効果に違いはあるの?

 

香りや味、見た目などに違いはありますが、成分としてはほとんど変わりません。
インスタントだから、何かが劣っている・・・ということはないようです。

 

ただし、コーヒーは胃に負担をかけますので、1日2〜3杯が適量ですね。
それ以上飲む人は、便秘にいいと言われるお茶・水などを組み合わせて、水分補給していくといいでしょう。

 

 

≪スポンサードリンク≫