便秘解消, ごぼう茶

ごぼう茶を飲むと、お通じがよくなるって本当ですか。

はい、確かに便秘解消の効果がありますよ。ヽ(*^^*)ノ

 

ごぼう茶には、食物繊維がたっぷり含まれていますからね。
不溶性食物繊維(リグニン)と水溶性食物繊維(イヌリン)のバランスがとてもいいので、腸内環境を整えたり、腸のぜん動運動を促すなど、スムーズなお通じへ導いてくれるのですね。

 

特筆すべきは、クロロゲン酸などのポリフェノールがたっぷり含まれていること。

 

ポリフェノールの抗酸化作用は広く知られていますが、体の中からキレイにする作用により、体内環境を整えて、すっきりなお通じへ導くのですね。

 

≪スポンサードリンク≫

 

 

ごぼう茶ってどんな味がする?

基本は土臭くて、苦味があり、まさに“ごぼうの味”です。(゚∀゚〃)
味のよくないもの、イヤな後味が残るもの・・・といったイメージが強いかもしれません。

 

ですが、香ばしくておいしいごぼう茶もありますよ。 ヽ(´▽`)ノ

 

プロでも、おいしいごぼう茶を飲み分けるのは難しいと言われていますが、

 

・国産ごぼうを使用
・高い焙煎技術を持っている
・品質管理が徹底されている
・農薬の有無など安全性が確認できている
・製法へのこだわりが感じられる

 

など、きちんとした製法で作られたごぼう茶なら、おいしく飲めるのではないでしょうか。

 

本当においしいごぼう茶は、ほんのり甘い香りがしますからね。
あの南雲医師が監修している“あかじん焙煎のごぼう茶”は、本当においしいらしいですよ。ヽ(*^^*)ノ

 

副作用ってどうなの?

残念ながら、体質によって合う合わないがあります。
人によって、副作用のような不快な症状が出る場合もありますからね。(+_+)

 

よくある症状として、下痢をする、胃がムカムカする、吐き気がする、
吹き出物が出る、胃痛・腹痛、眠気が強い、肌トラブルなどですね。

 

こういった不快な症状が出るのは、“ごぼうのアク”がしっかり取り除かれていないのが原因です。

 

「ごぼうの灰汁(アク)アク=有効成分サポニン」ですので、取り除いてしまうと効能が落ちるのですが、
かといってそのまま飲むと、有害な面が強く出るリスクがあるのですね。( 一一)

 

ただし、きちんとした製法で作られたごぼう茶なら、
“ごぼうの毒性を無害化する処理”がきちんとされていますから、安全性はかなり高いと思います。

 

特に気を付けたいのは、手作りのごぼう茶です。
実際、ごぼう茶の有毒成分を大量に体内に摂り入れるようになりますので、飲用する際は、十分注意したいところです。

 

 

妊娠中・授乳中は飲んで大丈夫?

ごぼう茶はノンカフェインですので、妊婦さん・授乳中の方が飲んでも、基本的には大丈夫ですよ。

 

ごぼう茶の成分は、乳腺炎の予防に効果が高いですし、母乳をサラサラにして詰まりを改善する作用もありますからね。
積極的に飲んでいるママさんたちも多いですし、利尿作用が高いのでむくみ解消も期待できますよ。(*^^)v

 

でもやっぱり副作用が心配・・・・という方もいますが(+_+)
きちんとした製法で作られたごぼう茶であれば、何ら心配する必要はないでしょう。

 

乳腺炎の患者さんで、医師にごぼう茶の飲用を薦められた方もいますから、必要以上に心配する必要はないかもしれません。

 

・・・とはいえ、妊娠中は特に体が敏感になりやすい時期ですから、摂取量は1日1〜2杯にとどめるなど、飲みすぎには十分に注意しましょう。

 

南雲医師が監修!世界が認めた最高品質の“ごぼう茶”がおすすめ♪
≪特別お試しサイズ600円(送料無料)≫

↓↓↓↓

 

 

≪スポンサードリンク≫