便秘解消 ミネラルウォーター

便秘解消に、ミネラルウォーターは効果あるの?

便秘解消するなら、水分補給は意識して行いたいものですよね。

 

実際、単純にお水を飲む量を増やしただけで、お通じスッキリできるケースもありますから、水分補給は侮れません。

 

ただ、意識して水分を摂っていても、なかなか便秘解消につながらないケースもあると思います。薬に頼りたくないときは、硬度の高いミネラルウォーター(硬水)を試してみてはいかがでしょう?

 

硬水とは、カルシウム・マグネシウムが比較的多く含まれているお水のことです。一般的には、軟水:0〜100mg/l未満、中硬水:100mg以上〜300mg/l未満、硬水:301mg/l以上になります。

 

日本で人気が高い硬水は、フランス生まれの「コントレックス」です。硬度は1468と数値がとても高く、マグネシウム・カルシウムなどのミネラル分が豊富に含まれていることがわかります。

 

≪スポンサードリンク≫

 

 

特に、若い女性に愛用者が増えているのは、脂肪やむくみの原因となる老廃物を排出(デトックス効果)する作用だったり、ダイエット中に不足しがちなカルシウム分を補うことができる点が評価されているからだと思います。

 

また、マグネシウムという成分は、腸の中で水分を集めて便をやわらかくする作用がありますので、自然なお通じへ導く効果が期待できるのですね。一部の便秘薬にマグネシウムが処方されていますが、お薬に頼らず自然なお通じを望む方にも、硬度の高いお水はおすすめです。

 

ただし気を付けたいのは、人によっては合う合わないがあること。硬度の高いミネラルウォーターは、軟便や下痢になる場合があるのです。ミネラルウォーターは体にいいイメージがありますが、体質に合うミネラルウォーターの硬度は、人それぞれ違いますので、いろいろ飲み比べて自分に合うお水を探すのがベストです。

 

その他、硬度の高い人気のミネラルウォーターは、

 

○エビアン(硬度:304)、
○ヴィッテル(307)、
○ペリエ(400)、
○サンペレグリノ(674)、
○ゲロルシュタイナー(1310)

 

・・・・などですね。これを見るだけで、コントレックス(硬度1468)が如何に突出していることがわかるでしょう。

 

ただし硬水は、日本人になじみのない水の硬さというか、舌触りがありますよね。
飲み慣れるまでは、苦い、まずいと感じてしまうと思います。それでも、慣れてくると硬水でないと物足りなくなる人もいるそうですよ。

 

 

また、どうしても硬水は口に合わない!という方は、軟水の中でも比較的硬度の高いお水を試してみるといいかもしれません。

 

○キリン アルカリイオンの水(硬度:59)
○ボルヴィック/Volic (62)
○富士山のおいしい湧き水(62)
○龍泉洞の水(97)

 

ちなみに私は「アルカリイオンの水」で、どっさりスッキリなお通じを体験したひとりです。辛くて苦しい便秘から解放され、当たり前の幸せな日々がやってきましたよ。

 

あなたもこの機会に、自分に合うミネラルウォーターをぜひ探してみてくださいね。

 

 

≪スポンサードリンク≫