便秘解消 オリゴ糖

便秘解消に、オリゴ糖はいつ、どのように摂るのが効果的ですか?

どんな摂り方をすると、オリゴ糖の効果が実感しやすいのでしょうか。

 

それは、ヨーグルトなどの発酵食品や果物と一緒に摂る方法です。
オリゴ糖は、腸内に棲む善玉菌のエサとなって腸内環境をよくしてくれますが、オリゴ糖だけでは腸は動いてくれません。

 

腸のぜん動運動を促すには、乳酸菌、食物繊維、ミネラル類、ビタミン、水分補給も必要なんですね。

 

特に、バナナやりんご、キウイなどの果物には、お通じにいい栄養素がたっぷり含まれていますので、
朝食時など、ヨーグルトと果物にオリゴ糖を加えるなどして摂ることで、高い効果を発揮してくれるでしょう。

 

≪スポンサードリンク≫

 

 

いつ摂るのがおすすめ?

摂る時間帯を気にするよりも、毎日継続して摂取することが大切です。
コーヒーや紅茶・牛乳など、好きな飲みものに溶かして摂ることで、習慣化しやすくなると思います。

 

毎朝のスッキリなお通じを目指すなら、1日5g程度の量を摂るといいでしょう。
ただし、人によってお腹が緩くなる場合がありますので、心配な人は1日2〜3gなど少なめから始めて、徐々に量を増やしていくのがおすすめです。

 

オリゴ糖の種類によって、お通じ効果に違いがある?

オリゴ糖には、主な種類として、フラクトオリゴ糖、乳化オリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、イソマルオリゴ糖、ラフィノース、大豆オリゴ糖などがあります。

 

どのオリゴ糖にも、腸で善玉菌を増やす整腸作用に優れていますが、その人の腸内環境によって効果の出やすさに違いはあると思います。ただ、摂ったその日に実感できる人も中にはいるようですので、期待してもいいのではないでしょうか。

 

シロップタイプのオリゴ糖でも効果がありますか?

シロップタイプのオリゴ糖は、スーパーマーケットで安価で手に入りやすいのですが、残念ながら、効果が実感しにくいと思われます。オリゴ糖含有量が低からですね。また甘味料としての性質が強いため、糖質も多く含まれていますし、カロリーも高めですからね。
せっかく摂るのであれば、純度の高いオリゴ糖がいいでしょう。

 

血糖値の高い人が摂っても大丈夫?

オリゴ糖は、人の消化酵素では分解されない「難消化性」の糖です。
血糖値が上がりにくい性質があるため、糖尿病の人も安心して摂ることができますよ。
オリゴ糖を摂ることで、ミネラル類の吸収を促進したり、悪玉コレステロールを低下させる作用なども報告されています。
砂糖代わりに使うことで、カロリーも減らせますからね。ダイエットや健康を気遣う方にもおすすめです。

 

オナラが出やすくなるって本当?

はい。オリゴ糖を摂りはじめると、一時的にお腹が張っておならが出やすくなることがあります。
ですがこれは腸内環境がよい方へ変わってきたサインですので、心配はいりません。
2〜3日で症状も落ち着いてきますので、大丈夫ですよ。
水分を多くとることで、お腹のハリが解消されやすくなりますので、気になる方は、水分補給をこまめにしてみてくださいね。

 

オリゴ糖が多く含まれる食品って何?

玉ねぎ、バナナ、大豆などに、オリゴ糖が多く含まれています。
いろんな食材をバランスよく取り入れることで、オリゴ糖が補えますが、食事内容を見直すってかなり大変なことですよね。

 

食事バランスが気になる方は、純度の高いオリゴ糖パウダーで、効率よく補っていくのがいいですよ。

 

⇒ 頑固な私もスッキリ!カイテキオリゴで便秘解消できた裏技とは?

 

≪スポンサードリンク≫