便秘解消 水

便秘解消には、水分をいつ、どのくらい飲むのが効果的?

便秘解消には、水分をいつ、どのくらい飲むのが効果的なのでしょうか?

 

今すぐ出したい人は、朝起き抜けにコップ1杯の冷たいお水を飲むと、かなりの効果が期待できます。(*^^)v

 

朝は、「胃・結腸反射」が起きやすい時間帯ですから、お水を1杯飲むだけでも敏感に反応して、便意が起きやすくなるんですよ。

 

反応のいい人は、これだけで自然なお通じがきますからね。ただし、体の冷えが気になる方は、常温のお水(または白湯)でも近い効果が得られますので、まずは1度試してみましょう。

 

なぜ、水分補給が必要なの?

便秘解消するのに水分補給が重要と言われるのは、老廃物が腸内に長く滞留するうちに、大腸に水分が吸収されて便が固くなってしまうから。
コチコチに固まった便は、直腸に詰まって出にくい状態になってしまうんですね。(+_+)

 

食前に水を飲むことで、“胃・結腸反射”が期待できますし、大腸にたまった老廃物へ、水分をしっかり届ける効果が期待できるからなんですね。

 

頑固な便秘体質の方に、特におすすめしたいのは、マグネシウム入りのミネラルウォーターです。
硬度の高いお水(硬水)には、マグネシウムという成分が豊富に含まれていますが、老廃物に潤いを与えてやわらかくしててくれるため、これだけでスムーズなお通じへ導かれる人も多いんですよ。(^_-)-☆

 

個人的には、フランスの硬水「コントレックス」がおすすめです。
硬水が苦手な方は、軟水にもマグネシウムが含有されている商品がありますので、成分表をチェックして、よさそうなものがあれば試してみるといいでしょう。

 

1日あたりの水分量はどのくらい?

1日あたりの水分量は、1.5〜2リットルくらいを目安にしてみてください。
水分は、普段の食事からも摂れますので、その分も考慮して2リットル摂れるといいでしょう。

 

コーヒーや緑茶で水分補給しても大丈夫?

はい。大丈夫ですよ。
コーヒーや緑茶にはカフェインが含まれていますが、利尿作用はそれほど強くありませんからね。。

 

ただコーヒー・緑茶よりは、腸にいい飲み物での水分補給が、より効果的です。
腸の動きをよくしてくれる、黒豆茶・ハブ茶・ルイボスティー・ドクダミ茶・ごぼう茶など、個人的にはおすすめです。

 

水分をしっかり摂っているのに、便秘が治らない!?

普段から水分補給を心がけているのに、便秘がぜんぜん治らない場合は、巡りをよくする飲み方を意識してみましょう。
冷たいお水は体を冷やして、胃腸の動きを妨げます。
お水を飲む場合も、常温または白湯にすれば、体を冷やすことがありません。

 

体の巡りを意識した飲み方を心がければ、胃・腸も元気になり、ぜん動運動も促されますよね。
水分量ばかりに気を取られがちですが、体を冷やさない飲み方をぜひ実行してみてください。

 

なにより気を付けたいのは、こまめな水分補給です。
一気にたくさん摂っても、不要な水分はすぐに体外へ排泄されてしまいます。
できるだけ少しずつ、飲む回数を多くして、ゆっくり水分を補給するようにしてくださいね。

 

 

≪スポンサードリンク≫