便秘解消 ヨーグルト

ヨーグルトはいつ食べる?便秘解消にいいヨーグルトの食べ方・見分け方

便秘解消には、ヨーグルトはいつ、どのくらい食べるのが効果的か?

 

ずばり!食後に摂るのがおすすめです。
整腸作用なら1日100g、ダイエット目的なら、1日400gを目安に摂るのがいいでしょう。

 

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、胃酸に弱く、腸に届く前に死滅しやすい性質がありますので、できるだけ胃酸が薄まる食後に摂るのがベストなタイミングです。

 

死菌でも効果があるものがある・・・と言いますが、せっかくなら、乳酸菌ができるだけ生きて届いて、ちゃんと腸内環境を整えてくれる方がいいですよね。

 

そういった事情から、最近では、乳酸菌が生きたまま腸に届くヨーグルトが注目されています。

 

スーパーマーケットやコンビニでヨーグルトを買うとき、目安にしたいのは、特定保健用食品と言われる「トクホマーク」のついた商品です。

 

腸に長くとどまって作用することが証明されている菌株には、ガセリ菌SP株、ビフィズス菌SP株といったものがあります。

 

どのヨーグルトがいいか迷う場合、使われている「菌株」を見て選んだり、トクホ商品から試すのがおすすめです。

 

実際、日本で販売されているヨーグルトの乳酸菌は、7500種類以上もあると言われています。

 

人によって乳酸菌との相性がありますので、同じものを2〜3週間続けて試しても、変化が何も感じられない場合には、ほかのヨーグルトを試してみるといいでしょう。

 

実際、生きたまま腸に届く乳酸菌なら、腸にもともと棲んでいるビフィズス菌などの善玉菌を活性化して、腸内環境を整えたり、免疫機能を高める効果が期待できるのではないでしょうか。

 

 

≪スポンサードリンク≫